CIFグループ 

グループプロフィール

2018年に設立され、カンボジア政府に承認されるカンボジアと外資の合弁会社である。 アメリカNASDAQメインボードで上場した大西洋海岸金融会社(Atlantic Coast Financial)と共同で設立した。カンボジア政府が承認した金融資格を持っている。

政府の指示に応じ、カンボジアデジタル経済発展の政策をサポートすると同時に、インフラ設備の建設を促すことにより、カンボジア国際競争力を高めることに取り組んでいる。

パートナー

大西洋海岸金融公司(Atlantic Coast Financial)は上場したアメリカの銀行持ち株会社である。本部はフロリダ州ジャクソンビル市にある。傘下に全額出資の大西洋海岸銀行がある。大西洋海岸銀行の業務は主に、フロリダ州の北東部、フロリダ州中部、ジョージア州の南東部にある個人銀行と商業銀行に集中される。2018年ACFCとAmerisが合併した後、株式のコードはABCBとなり、86億ドルの資産、69億ドルのローン、66億ドルの貯金を持って、更に109社銀行拠点があります。

大西洋海岸銀行は全方面的サービスを提供するコミュニティ銀行であり、主に3種類の業務がある。それぞれは商業銀行業務、小売り(子銀行)銀行業務及び住宅抵当ローンの業務である。銀行のサービスは預金口座、抵当ローン、自動車ローン、個人ローン、クレジットカード、商業ローン、アメリカ農業部ローン、SBAローン、倉庫ローンと財産管理を含むが、この限りではない。

大西洋海岸金融会社はNASDAQで上場した会社であり、株コードはACFCである。主席はJ·J ドラン、副主席はJ.S. Sidhu、総裁兼CEOはJ.K. Stephens,Jr.、副総裁兼CFOはT.L. Keeganである。2016年12月31日までに、大西洋海岸金融会社は利益640万ドル、総資産9.075億ドル、総株価8700万ドルを持ち、従業員174名を持つ。

グループリーダー

主席Chairman

James Robinson

ベイラー大学 – ハクムビジネス学校

豊富な経験を持つ常務取締役。

金融サービス業界の経験がある。

企業リスクをうまく把握できる。Wells Fargoで常務取締役、 JPモルガン・チェースで役員総経理を担当したことがある。

CEO

Adam Caleb

ブリガム・ヤング大学

大学を卒業した後、 Amazon Web Serviceに入り、

八年後、General Managerに昇進した。

その後、IBM の blockchain 部署の副総裁を務め、豊富な業務知識を持つ。

グループミッション

一帯の一路のアセアン自由貿易の一体化を推進する。

  • 1、カンボジア経済の発展を促す
  • 2、金融改革を深める
  • 3、国民生活と地方経済のレベルを上げる
  • 4、都市の建設と土地開発
  • 5、国際経済貿易を広げる
  • 6、アセアンにおけるブロックチェン技術の適応を促す

経営理念

すべてがユーザーのニーズに基づいています

グループビジョン

なるグローバルトップの金融総合サービスプラットフォーム

コアバリュー

顧客の達成、起業家の革新、正確さと真実の探求、誠実さと誠実さ

  • 顧客の達成 - 顧客満足と成功を約束する
  • 起業家の革新 - スピードと効率を追求し、顧客と企業に影響を与える革新に焦点を当てる
  • 正確かつ現実的 - 事実に基づく意思決定とビジネス管理
  • 誠実さ - 信頼と責任ある関係の構築

開発計画

    2018

    ASEANアプリケーションパスの促進:政府は、カンボジアのデジタル資産銀行を促進し、ベルト・アンド・ロードの経済および貿易の発展に対応するようCIFグループに指示します。

    2019

    KHTが発行されました。ウェストポートゲーミング工業団地の開発、地域のインフラの整備、そしてカンボジアを出発点とするASEANアライアンスパスの設立です。

    2020

    不動産事業の拡大:土地の生産と開発の継続的拡大、ASEANにおけるユニコムの主要都市は公共チェーンの物理的用途のために支払う。

    2021

    グループの上場:CIFグループの上場を促進し、不動産、ゲーム、鉱業およびブロックチェーンを含む4つの主要セクターの投資目標を拡大する。

    2022

    オールデジタルファイナンシャルプラン:ASEANブロックチェーンの適用を通じて、オールデジタル資産の財務構造が構築されます。営業内容には、保険、為替、ローン、消費、課税などが含まれます。

    2023

    経済および貿易特別区域の開発:カンボジアの経済および貿易区域の開発、大規模国際空港、商業および金融センターを含むカンボジアのインフラ整備、ならびにブロックチェーンデジタル開発区域。

    2024

    国際経済開発区が開設されました。外国投資経済協力区、国際レジャーと休日の観光特区、海洋経済貿易産業特区、文化、映画とテレビの娯楽産業特区、そして一般住宅と高級住宅特別区を含みます。

    将来

    ASEANデジタル金融時代:カンボジアを出発点とし、デジタル金融を先駆者とし、ASEANデジタル金融改革を推進し、ASEANに属するデジタル金融時代を築く。